それはすべての薔薇

BL関連図書&CDの感想を自分の備忘録を兼ねて綴っていきます。BLジャンルにご興味のない方、意味がわからない方は閲覧をご遠慮くださいませ。

Entries

扇ゆずは「ジュリアが首ったけ3」

ジュリアが首ったけ3
扇ゆずは「ジュリアが首ったけ3」ビーボーイコミックス2017/5/10

続きが出ました!
前の巻の感想は→こちら
そしてこの巻で終わってません!
読まれた方の感想が、「続きがきになる!」というのが多かったので、あら、話が終わってないのか・・どうしよう待とうかなあ、なんて思ったけど、やっぱり気になって読んでしまいました。

確かに、これは続きが気になる!どーなるんだろう・・でも「安全ベルト」があるそうです。
ハッピーエンドだそうです、なので待てます~。

遠距離恋愛中の二人。
ジュリアの盲愛執着攻っぷりを考えれば、遠恋つらいですよね。問題が起きないわけないです。
仕事放棄的な、って予想もばっちり当たりました。

沙良先輩のほうには会社の大型新人の仙台、ジュリアのほうにはボディガードのルシアンと新キャラも出てきて物語にからんできます。
特に、とんでもない経歴のルシアンがヤバそう・・・ひええ。

ジュリアと先輩、お互いが好きすぎて破滅の道へ?という、フラグたちまくったラストでした。
でも大丈夫、安定のハッピーエンドが待っている・・はず。
その前に切ない展開が来るのは間違いないですが、早く読みたいです!
スポンサーサイト

大和名瀬「彼が俺を好きすぎて困る」

彼が俺を好きすぎて困る
大和名瀬「彼が俺を好きすぎて困る」ガッシュコミックス2017/5/10

異性に好かれすぎてトラブル多発でうんざりして生きている完璧なイケメンが恋をした!
という、ラブコメ。
とーっても笑っちゃいました、楽しかった~。
名瀬さんのラブコメは可愛いし楽しいしでお得気分♪

弟の友人の那月のカメラの被写体になったことがきっかけで那月に恋をし、それ以降「残念なイケメン」道まっしぐら。
SNSで恋心を込めたセンスのないポエムを発信したり、R18女性向け同人誌を買って男同士のアレコレをつぶさに読んでたり。
だいぶアサッテな方向へ進んでますけど、うまくいって良かったね!!
ショックなことがあるたびにベッドで寝転びもだえる恵一さんの姿が私、ツボでした!
とってもイケメンでめちゃくちゃカッコいいんんですけどね~外見だけはww

二人してコスプレ世界に飛び込んでく様も面白かったです。
今後どんどん歯止めなくなりそうなのが心配ですけども!

小林典雅「国民的スターと熱愛中です」

国民的スターと熱愛中です
小林典雅「国民的スターと熱愛中です」ディアプラス文庫2017/6/9

大好きな作品の続編が出たので早速購入しました。
前作の感想は→こちら

タイトルどおり、前作で運命の出会いをして、国民的スターの旬は、葛生さんと恋人同士になれたお話のその後。
前半ではバイのカメラマンに誘われたり、それが週刊誌の記事になったり、葛生さんが嫉妬したりといろいろありますが、基本的にはバカップルになり果てた二人のその後のいちゃいちゃ、という感じです。

旬は相変わらずネガティヴ妄想が得意で、葛生さんに別れを切り出されるというところまでストーリーを勝手に作ったりしてました。
大河ドラマの主演まで果たしているというのに、葛生さんがいないとダメダメ人間で笑えます。
葛生さんも大人っぽいかと思えば、旬の熱狂的ファンとしてのありようはけっこう変態チックで可笑しい。
後半、二人きりの部屋で、サイン会ごっことかしててバカバカしくて笑えたww

とにかく、甘甘、いちゃいちゃ、それが基本な続編でしたね~。
面白かったですけども、胸やけレベルな甘さでした♪

そうはいっても、前半特に、有名人の旬は、忙しいし、バレたらまずいし、で、なかなか恋人らしい時間もとれなさそうで、切ないところもありました。
旬は王子様キャラで売ってるので、スキャンダルは絶対ダメらしくって。
せっかくわずかな時間をぬって会うことができても、イチャイチャはできず、ふたりとも我慢ばかりでした~それはちょっと切なく可哀想だったな。

あとがきによると読者は、マネージャーと付き人のスピンオフを期待してるとか。
え、そうなの?
まあ、ガミガミとうるさいマネージャーがデレるなら面白そうかも。

安西リカ「ふたりでつくるハッピーエンド」

ふたりでつくるハッピーエンド
安西リカ「ふたりでつくるハッピーエンド」ディアプラス文庫2017/6/9

中堅俳優の岩舘さんと、ぴちぴち大学1年生役者志望くんの年の差恋愛ものです。
とても良い年の差ものでした、こういうの好き♪

ふたりとも性格が良いです。
芸能界に子供の時からいる岩舘さん、息をするように演技できる人ですけど、おおらかで素敵な人ですわ~。
40歳になる、としきりに気にしてますが、きっとそう見えないんだろうな。
でも相手が18歳となると、さすがに年齢を意識するのは仕方ない。
しかも、この、友理くん、恋愛には疎い映画演劇大好き青年。
お互いを好きになっていく様子がかわいらしくてニマニマしちゃいました。
友達と理想のデート、って話してるのが手をつないだり、とか、観覧車、とかと友理から聞かされた岩舘さんの苦悩が笑えました。

人気芸能人との恋愛といっても、友理くんはメンタル強いので、別れない!と強気なのも良かったです。
しなやかな精神の持ち主ですね~
演技の才能は残念ながらなかった様子なのが可哀想でしたが、ほかの道もあります。
きっとそちらで才能が花開く時が来ると思います!

友理くんは両親が厳しくて、ということですが、末っ子でどこか危なっかしい、と思われてただけらしい・・
結局は大事にされてたんですね。
20歳以上年上の男の恋人ができたことを知られたりしたらまた両親兄姉とひともんちゃくありそうな気がします!

金ひかるさんのイラストがまた良い味でした♪

月村奎「きみはまだ恋を知らない」

きみはまだ恋を知らない
月村奎「きみはまだ恋を知らない」SHYノベルズ2017/5/31

大好き作家の月村先生新作です。
SHYノベルズだとラブコメっぽいのが多かったけど、今回はしっとり系のお話。

主人公受・司は、絵本作家。賞をもらって10代でデビューしたけど、その後は絵本作家では生活できず、家事代行サービスのアルバイトをして暮らしていた。
指名で仕事を受けた先、藤谷と出会い、孤独な生活の中で初めて親しいともいえる相手ができた司は、優しく穏やかな藤谷に惹かれる。

司の、対人接触拒否の理由が切なかった・・・。
これでは恋などできるわけがない。
それでも、好きだと思えた高校時代の友人に冷たく突き放された過去もあり、不幸に不幸が重なった感じ。

でも藤谷に出会えて、恋をしてはいけない相手だと強く思っても、感受性の強い司は、まっすぐに想いを募らせるんですよね、なんか可愛いというか・・・これじゃ藤谷、ひとたまりもなく陥落ってなるけど鉄の意志でこらえてたww

藤谷には司に近づく思惑があって、それが恋になるのかはちょっとご都合主義っぽく感じなくはないが、彼もまた、恋愛には積極的ではなかったろうから、それでも好きだと思える相手ができて良かった良かった。

司はいつもの月村作品のいつもの自己肯定感低めキャラですが、割と行動はきっぱりしていて、高校時代の苦い経験があったからこそなのだけど、ウジウジ具合は少なかったです。
相手が金持ちで、自分と感覚が違うと卑屈になるのは、だれでも仕方ないことだと思うしね~。

最後に出てきた、宝箱の存在とか。乙女チックで可愛かった!!
明らかに、途中出てきた女子大生たちより内面、可愛いと思われます。


イラスト志水ゆきさん。
美しい絵を堪能しました。
志水さんが好きだからといわゆる、イラスト買い?された方もいたもようです。
志水さんの漫画作品のイメージとはだいぶ違うから、戸惑った人もいるもよう・・・。

左サイドMenu

カウンター

プロフィール

ロージア

Author:ロージア
BL歴かれこれ10年以上の主腐。BL小説が主体ですが、BLCD・BLコミックスも愛好。永いこと離れていたアニメの世界にも数年前うっかりと舞い戻ってしまい、BLCDあわせで男性声優さん方にも興味津津。ヲタ生活充実しすぎでリアルは霞んでます・・。
拍手・コメント歓迎です。どうぞお声をかけてやってくださいませ。TB、リンクフリーです。

*2015年より拍手コメントへのお返事はその記事のコメント欄でさせていただいてます。*

なお、当ブログの記事と関係のない内容、または主旨と反する内容のコメント等につきましては、当方の判断で断りなく削除することもございます、ご了承ください。

最新記事

カテゴリ

洸 (8)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

右サイドメニュー

拍手コメントの御礼

2015年1月より、いただいた拍手コメントの御礼はその記事のコメントらんで書いています。 よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

参加しています

クリックしてくださると嬉しいです

検索フォーム